ジェネリックのほうが安いの?

メトロニダゾールのジェネリックについて

自分自身が薬を購入することになり、いろいろなことを知るようになります。
その一つが「ジェネリック」ですね。

 

これは、一番最初に開発された薬と同じ有効成分で製造、販売可能な制度を言います。

 

最初に開発された薬はどうしても、実験費や人件費など多額のお金がかかるために、高額な薬の価格になってしまいます。

 

しかし、新しく開発したために、独占的に販売をすることができるために、たくさん売れるわけなんですね。
ただ、この独占的な販売も、薬の場合は15〜20年間と決められているとのこと。

 

この期間がすぎることで、ジェネリックの薬の販売が可能となるそうです。

 

 

現在のところ、メトロニダゾールはジェネリックが販売され、病院や産婦人科で処方されています。
1錠あたりの価格としては約40円になります。

 

薬の価格はそこまで高くはないと思います。
ただし、トップ・ページでも少しお話したように、病院や産婦人科では、薬の他に診察代や検査代など、他にもお金がかかるために、ある程度の費用は計算しておくことが大事。

 

 

特に、初めてのトリコモナスなどは病院などでしっかりと検査を受け、薬を処方してもらうことが大事。

 

ただ、トリコモナスは再発することが有るために、もし薬を再度服用する場合は、通販を利用し購入してもいいかと思います。

 

総合的に考えると、価格はリーズナブルで購入できるために、その時の状況などで選択肢を選ぶのがいいかもしれませんね。