症状が起こってからでは遅い

症状が多る前に検査を受けること

性行為とは必要なことですが、予定外の妊娠や性感染症にかかるリスクがあるために、忘れないことが大事です。そのために、事前に予防・対策を行うこと。

 

 

男性にコンドームを装着してもらい、女性側は低容量のピルを服用すること。
そうすることで、約100%の確率で予防ができるといわれています。

 

 

ついつい、他人行儀になり「私は大丈夫」「普段から清潔にしてますから」「性感染症は遊び人がなるもの」っと勝手に決めつけてしまう人がいます。

 

そのようなことは関係なく、軽い気持ちで性行為を行うことでも知らない内に性感染症状に掛かり、なかなか治らないということにつながってしまいます。

 

なおかつ、女性の場合は、感染したとしても、本人は気づかないために、定期的に性感染症状の検査を行うことを勧められています。

 

「なんだかめんどくさいな〜」ッと思ってしまうのですが、どうしても症状をそのままにしておくことで、悪化し、完治しづらくなります。

 

なおかつ、長時間にわたり放置することで、子宮内部にも以上をきたすおそれがあるために、のちのち怖いことに、、、。

 

性感染症状としてはトリコモナスの他に「クラミジア性感染症状、性器ヘルペス、コンジローマ、HIV(エイズ)」などがあります。

 

特に最近では、自覚症状の少ないクラミジアの発生率が高いといわれているために、普段からの清潔、性行為前の予防には注意が必要になります。