軟膏はニキビ、赤面症、酒さ、赤ら顔に効果

メトロニダゾールの軟膏

最初にわたしが陰部の痒みやニオイの原因であるトリコモナスを治すために考えたのがメトロニダゾール軟膏です。

 

1回目に、産婦人科で処方を受けたメトロニダゾールの錠剤は、特に副作用はなかったんですが、ただ、服用を始めたころは「吐き気、嘔吐」などが若干おこっていました。

 

まぁ、それくらいの副作用は我慢できますが、できることなら副作用がない状態で、効果を感じたいもの。
そこで、2回目にたメトロニダゾールを通販で購入しようと、いろいろと調べたとき、錠剤だけでなく「軟膏」の存在を知りました。

 

 

もしかしたら錠剤を服用せずに、軟膏を塗ることでトリコモナスを治すことができるのではないか?
そんなことを考えたんです。

 

 

・・・しかし、調べてみると、メトロニダゾール軟膏はトリコモナスの症状に対し効果はなく、「ニキビ、赤面症、酒さ、赤ら」などの症状に利用されるとのこと。

 

 

なおかつ、服用するタイプのメトロニダゾールと比較して、軟膏は0.75%とかなり有効成分が低いために、トリコモナスの原因ウイルスを死滅させることはできないそうです。

 

 

メトロニダゾールを利用する場合は、症状によって「錠剤、軟膏」とそれぞれ選ぶことが重要になるかと思いますね。

 

「メトロニダゾール軟膏タイプ」

ニキビ、赤面症、酒さ、赤ら顔

 

「メトロニダゾール経口タイプ」

トリコモナス症、嫌気性菌感染症、感染性腸炎、細菌性腟症